刀剣乱舞プレイ日記5:刀装を溶かさずに低難易度マップでレベル上げするまとめ

20150121a1.png

なんとか京都クリアして5面に進みました…が

うわあああ……1/20メンテで疲労度ペナルティ修正があったせいで大変なことにィイイ…!w

・疲労度ペナルティまとめ
・刀装が溶けるのを防ぎながらレベリングする方法
・それでも刀装が溶ける人へ。「横隊陣」を使え!

 
●疲労度ペナルティまとめ

いままで赤状態でもレベリングマラソンができたのですが、1/20メンテで疲労度が刀装の剥がれやすさに影響するようになってしまった、そして攻撃力低下もあるらしいので、低レベルのマップに行くのも大変になりました。

つまり、疲労状態で出陣するとこういうことが起きます。
→刀装が溶けやすくなる→刀装が溶けそうなので途中帰還→いつまでもその面を攻略できない
→刀装が溶ける→本体が負傷する→手入れに時間がかかる
→刀装が溶ける→資源を消耗する→刀装備で手一杯で新しい刀剣を作れない

特に難易度が高いマップに疲労状態で行くとさらっと特上が溶けてもったいないです。気をつけましょう。

ところで、遠征中は回復しませんが、出陣中でも放置すると疲労が回復します。京都のように7連戦とかあるマップは途中で放置するのも手かもしれません!

●刀装が溶けるのを防ぎながらレベリングする方法

刀装が溶けるのを防ぐ方法は一応あります。遠距離武器で遠戦のうちに相手を潰してしまい、できるだけダメージを減らすということです。
疲労すると防御はおそろかになりますが、ぎりぎりいけるレベルのマップで火力が足りないということはありません。そこを活用して、できるだけスピードを高めて遠戦で1匹以上仕留めて先手必勝自分側1ターン目で葬れば問題ありません。ってあれ、これこないだのSとる方法と一緒ですね。
ただ、これが上手く機能するのはやっぱりレベルの低いマップだけなので、今までのように一番難易度の高いマップでレベル上げをするのは難しいです。

太刀ばかり入れていると遠距離攻撃が出来ないので、オススメは脇差です。
50/150/50/50で弓兵と投石兵を量産し、レベルの高い脇差には2つ、レベルの低い脇差には1つ装備させて挑みます。
弓兵を装備できない打刀に優先的に投石兵を回しましょう。

どうしても後手がちな太刀さんについて。
スピードは馬を装備させて補ったり、自称文系男子が得意げに作りまくる軽騎兵を装備させて補うといいです。

私は今平均レベル40未満(自称文系とにっかりだけ40+)なので、普段は3-1関ヶ原をぐるぐる回す程度がちょうどいいです。太刀が疲労してしまった後は、太刀3人を抜いて、遠征に送っていたレベルの低い脇差と短刀を連れ込んで平均レベルを20くらいまで下げて2-1鳥羽へいってました(足りない資源とも合うため)が、もうめんどくさいしレベル上げたいので赤になっても関ヶ原回ってます。今のところ装備は一度も溶けてません。

●それでも刀装が溶ける人へ。「横隊陣」を使え!

刀装の溶けやすさは噂によると「統率」と関係があるようです。
20150121a3.png

なので、錬結で統率を限界まであげておきましょう。

そして、陣形で「統率」が上がる陣形を選ぶのも手かと思います。また、「忠誠」は疲れやすさに関係があるみたいなので、形勢が不利にならない限りで「横隊陣」……統率と忠誠があがる陣形を選んでいくと損傷が少なく進むことができるかと思います。選べないときは「方陣」でもいいかと。
試しに陣形を横隊陣から魚鱗陣へ変えてみると、遠距離の投石で1だったのが5とか食らいましたし、やはり陣形は大切なのかもしれません。

一応私はその戦い方で京都の7連戦を切り抜けましたし、実際に3-1で顔アイコン赤状態でレベリングしている時もこれと上で述べた遠距離先取で今まで通りレベリングできました。

~刀装を溶かさず低難易度マップでレベリングするまとめ~
・錬結で「統率」をあげておく!
・陣形で「横隊陣」か「方陣」を使う!
・遠距離攻撃でなるべく先に敵を削れ!
・太刀には馬や軽騎兵を装備させて機動をあげろ!

ふう、これで難なく赤(疲労困憊)状態でもレベル上げができました!安心安心!!

ABOUTこの記事をかいた人

Akila

リネージュM、FF14、Fate/Grand Order、軌跡シリーズ、ペルソナシリーズなどをプレイしています。策士で毒舌で中性的なイケメンと、魔法系の孤高なお姫様が好きです。
★メッセージはtwitterへお願いします。→Twitter: @akilakiseki
★その他→当サイトについて