碧の軌跡Evolution おすすめ上級アーツ!全体攻撃、大円だよねやっぱり。

結論から言うと、

・作りやすく燃費もよく威力も高い「アラウンドノア」最強説。
・「クリムゾンレイ」「ロードインフェルノ」「メルティライズ」を覚えておけば攻撃補助両刀のムダの無い後衛に。
・序盤は風が活躍、終盤は風はちょっと肩身が狭い。
・空アーツは「ゴールドハイロゥ」以下が優秀。
・時アーツは「シャドーアポクリフ」以下が優秀。
・地アーツは後衛と相性が悪くて出番が無い…
・幻アーツは不遇wwwww

 
大円・全体攻撃アーツの比較

●400+ダメージのアーツ比較

圧倒的にダメージだけ見ると火アーツの勝利。
特にボス戦では、400+ダメージを叩き出せるのにEPが140で済む「クリムゾンレイ」の役割が大きい。
しかも火15だけで済むので、鈴+シュバリエだけで簡単に作れるのも良いところ。
「ロードインフェルノ」、「ギガントレイジ」、「リーンカルナシオン」は大体似たり寄ったりなので、その他よく使うアーツとの相性を考えて使えるようにしておくべき。
例えば、メルティライズとセットならロードインフェルノ、アダマスガードならギガントレイジなど。リーンカルナシオンを作るとなると装備クオーツが上位三属性だらけになるので注意が必要。

●広範囲アーツ比較

大円A(97マス)以上のアーツに絞ってみる。
広範囲アーツの役割といえば、画面一杯に散らばる雑魚一掃。となると、EP・駆動・硬直を考える必要がある。
こう見てみると、三冠王をGETしたのは「ゴールドハイロゥ」。
ダメージこそ低めだが、EPが200未満、駆動も25と速く、硬直は15である。鈴のない時にオススメ。
やはり4章湿地帯の最適アーツと言われるだけある。

●全体アーツ比較

全体攻撃アーツといえば「アラウンドノア」の万能性がみえてくる。
EP220でありながら、威力は「アヴァロンゲート」より上の300台。しかも水15で作れるので、カノンやマギウスを装備する後衛と相性が良い。
HP系クオーツなどを装備させるティオは気付いたら使えるようになっているアーツの一つである。

さて…こう見るとちょっとルシフェンウィングの燃費の悪さがみえてくる。
威力が350しかないのにEPは一丁前に400も食う。
水最上位アーツである「エンドオブワールド」は「アラウンドノア」に出番を奪われていてあまり出番がないし、性能的には「ラグナドリオン」に劣る。

やはり、お手軽さを考えると「アラウンドノア」、威力重視なら「ギガントレイジ」「リーンカルナシオン」「ロードインフェルノ」か。
…しかし、後衛でアーツの威力重視となるとマスタークオーツは「ピクシィ」「マギウス」「カノン」「カッツェ」「ミラージュ」「シュバリエ」辺りになるので、「ギガントレイジ」が作りにくい。そうすると、一番現実的なのは「アラウンドノア」で我慢する、火力を重視して「リーンカルナシオン」か「ロードインフェルノ」か。

●属性値10台で使えるアーツ、総合力勝負!

威力は210以上、消費EPは260未満とする。

★単体部門
3~4章頃、単体にどかんと一発ダメージを…という場合。
「クリムゾンレイ」が最強で優勝候補だが、比較的序盤の場合、シュバリエがないことや、ランディに攻撃クオーツを回していると火15が作れない可能性がある。
そこで、「スパークダイン」。風9空3なのでエリィなら簡単に作れる。ダメージもEPも駆動も申し分なし。ただし、終盤に向かうにつれて「アラウンドノア」や「サンダーシクリオン」に負けるようになる。

★広範囲部門
「ユグドラシエル」が優秀にみえるのだが、前述の通り後衛用マスタークオーツと地アーツは相性が悪い。
やはりここでも「アラウンドノア」の優秀さが際立つ。作りやすさ、全体範囲であり、しかもダメージも高い。
序盤から作りやすいのは「サンダーシクリオン」。アラウンドノアが出てくる頃になると風が効きにくくなり少々力不足になるがそれまでは優秀。
問題は、四大元素が効きづらい上位三属性のエリアでの運用だ。すると…上位三属性の中では「シャドーアポクリフ」がそれなりの威力を持つ。
作るのはそこまで難しくなく、「駆動2」「行動力3」「省EP3」に幻1くっつければ作れてしまう。マスタークオーツを弄らずに、しかも無駄なく作れる優秀なアーツ。「省EP3」はゴルドサモーナで早々に入手可能。「行動力2」の場合はEP系を装備させて補えば作れる。
火力が低いものの、「ゴールドハイロゥ」はDEF/ADFダウンがついていて優秀だし、ダークマターは強制移動が出来て優秀。ゴールドハイロゥ以下の空の範囲アーツはあって損なしである(ラストディザスター以上はちょっとムダかもしれない)。

★ちょっと扱いづらい?でも優秀?
「ハイドロカノン」は、直線ではあるが火力が260もあって優秀。水7なんてティオなら普通に満たせるので、ティオがちょっと攻撃に転じたときに使える良いアーツ。
「フレアバタフライ」は、やはりランディやノエルに火アーツを回しているとお世話になる機会がないのだが、ピクシィメインで運用する場合は作りやすいし威力も高く、しかも大円。終盤まで遠慮無く使えるアーツになる。逆にピクシィ以外のマスタークオーツ(特に水系)では少々厳しいか。メルティライズと同居できるのが強み。

★残念系アーツ
「ダイアモンドダスト」。クローゼの得意技…そしてマスタークリオンの最凶技として知れ渡ってるこのアーツだが、今回は中円かつEPが高いので、大円アーツに囲まれて存在感が無くなってしまっている。EPが高いので序盤に使うには気が引ける。凍結30%は非常に魅力的なのだが。しかも水9風3空3となると、序盤に使えるようにするにはマスタークオーツから考えないといけない。
「アヴァロンゲート」。幻15というのがかなりネックで、幻つきのマスタークオーツ中心で構成を組むキャラ以外は作りづらい。ガリオンタワーも同じ。リーシャが居れば運用の意味があるか…?
「ガリオンタワー」は暗闇100%なのが魅力だが、暗闇の刃2つきのランディのクラフトや、そもそもエヴァーグリーン×アクアミラージュがあれば暗闇にしなくてもラクチンに戦えてしまう。しかも威力やコスパ的には「ゴールドハイロゥ」に負ける。やはり幻属性は不遇か。

ABOUTこの記事をかいた人

Akila

リネージュM、FF14、Fate/Grand Order、軌跡シリーズ、ペルソナシリーズなどをプレイしています。策士で毒舌で中性的なイケメンと、魔法系の孤高なお姫様が好きです。
★メッセージはtwitterへお願いします。→Twitter: @akilakiseki
★その他→当サイトについて