WordPress有料テーマ Esperanza(dolce &Vivace) を試してみた

このブログとはまったく別のもので、まったく別のテーマで、女性向けの美しいデザインのブログを作成してました。
で…有料の美しいテーマがあるのにあまり使われていない、あまり知名度がないのはなぜだろうと思って、応援&投資の意味で使ってみたものがあるのでレビューをします。

 
Dolce & Vivace のEsperanzaという有料テーマです。
8800円。結構高い。

http://dolcevivace.com/wordpress-themes/esperanza

●知名度はあまりない

>【竜胆Webデザイン(りんどううぇぶでざいん)】 「WordPressのおすすめテーマ」
おしゃれにこだわりたいならおすすめ、とある。確かにそうだなっておもった(理由は後述)

>今日も世界の片隅で「誰も知らないおしゃれなWordPressテーマ「Dolce & Vivace」」
「悲しいことに知名度が低いのか何なのか良い悪いの評判もノウハウも出回ってない事がネックですね。」ってあります。ええ、そのようです。とりあえず買ってみました。私が参考になれればいいですね…

●Esperanzaのいい所

・なんといっても美しくかわいい。アイコンもロゴもいい。つまり見た目は素晴らしい。
・ショートコードが導入されていること。
・SEO対策がされていること。

●Esperanzaの悪いところ

・PC用のフォントサイズが小さすぎる
→販売されているEsperanzaだと2015年版のスタイルシートで、フォントが新しいフォントで小さめですが、DolceVivaceのサイトで使われているスタイルシートは2014年版で標準サイズで見やすい。私だけだろうか?
耐えきれなくて自分でCSS探し当てて調整してしまった。

・↑に関連して……自分でCSSをいじるのが大変!
→テーマオプションから色等は沢山カスタマイズできますが、その先が大変。フォントサイズや行間は普通はテーマ編集から自分でいじれますよね?それが、テーマ編集には表示されていないがアップロードはされているので、FTPで自分でCSSを直接改造しないといけません。しかもCSS直接編集は問い合わせのサポート対象外です。はっきりと書いてあるのがまたツライ。

・自分でCSSをいじる場合…どこにCSSがあるの!?
→テーマ編集にはでてこないので、FTPで wp-content/themes/esperanza_dolcevivace/css を開けばなかにあります…。しかしこれはいじるように作られてないのでなにがどこにあるかとても見づらい…

・フォントのショートコードが実は使いにくい
→ビジュアルエディタが実装されているわけじゃないみたいです。ショートコードのプルダウンがついている程度。見出しのショートコードが実は使いにくい。通常の編集パネルのイメージだと、文字列を選択してBとか押しますよね?ビジュアルエディタなのに、ショートコードですから、ポチっと押してコードを入れてそこを編集しないといけません。しかも一番イライラしたのは、プルダウンメニューなので、H2を一回使った後は、基本ショートコードという一番上の項目に戻ったうえでもう一度H2を選択しないとH2が入力されません。このとき、基本ショートコードを選ぶと、そのテキスト文字列もなぜか入力されるので消さなければいけないしストレス倍増です。
→こう考えると管理画面のスクショってそういえばなかったな?って・・・

rinji1.png
↑エディタ画面のスクショ。Esperanzaでデフォルト導入されている以外のものはありません。

・14日間無料サポートとありますが、インストールと初期設定だけが対象であり、CSSや直接カスタマイズなどは元々サポートの対象外です。

・【追記】やっぱり文字が小さい…
→あとでスマホからも見てみましたが、大変美しいけど文字が小さいので目が滑ります。読み物タイプのサイトなのに目が疲れる目が滑るはちょっとキツイ…

●私の主観: Esperanza買ったけど、ちょっとなあ…と思った理由

多分、CSSをいじらない、テーマオプションレベルでカスタマイズするだけの人にはいいと思います。
私のように改造もする場合だと、テーマオプションでなんでもカスタマイズできますみたいな雰囲気がでていたので、直接改造が対象外でも大丈夫かなって思って触ったら、Oh・・・でした。テーマオプションでできる限界が…!FTPでやらないといけないっていうのが…。せめてテーマ編集から触れるようにしておいてほしかった。直接改造を防止するためなのかしら…?

あとは、記事を書くのにあたって一番大切なスムーズにポチポチつくれる感がないのがつらかったです。
まだ上のCSSの件だけなら我慢できます。一回改造しちゃえばあとはいいんで。
でも、記事を書くのにストレスを感じるのであれば、ちょっと、テーマとしては長く使えないなあって思いました。
他プラグインなどを導入しなくてもこれひとつで大丈夫!とはちょっと言えない気がした。

●総括

外見はとてもかわいくて良いと思います。ただ、文字が小さいので目が疲れる。見る人のことを考えると…あと自分で読み直すのもちょっと…。
それから記事を書くのが…ウッ…ショートコードが…ウッ…。というわけで、TinyMCE Advancedを導入して記事作成を効率化してみました…。でもどうかなあ…我慢できずにまたopencageのテーマを買ってしまうかもしれない…。

ちなみに、またそれとは別のブログでは既に、opencageさんのアルバトロスを使っていて、こちらは8000円いきません。こちらはおすすめのプラグインもきちんと紹介されていて、Add Quick Tagを導入することをおすすめしています。しかもカスタマイズ済みのファイルが配布されているのでインポートすればあとはショートコードが楽に使えるようになっています。不自由ないどころか快適に過ごせているので、お値段や快適さで考えてもopencageさんのほうが良いと思います。

Esperanzaの良さは外見とショートコードによる演出の多彩さにあります。
そのために多少苦労してもよいというのであれば、良いとおもいます!主観!以上!

ABOUTこの記事をかいた人

Akila

FF14、Fate/Grand Order、ファルコムシリーズ、ペルソナシリーズなどをプレイしています。策士で毒舌で中性的な美少年と、魔法使いのお姫様たちが好きです。
FF14(Durandal鯖):Akila Septterian
同人活動・同人誌通販はこちら
★メッセージはtwitterからくださるとはやいです。